健康的に長生きして欲しい!愛犬にはカナガンドッグフードがおすすめ|Good Service

エサにも違いがある

ペットのエサには、主にウェットフードとドライフードがあります。では、この2つはどういった違いがあるかを解説していきたいと思います。

ウェットフードとドライフードの違い

ウェットフード

ウェットフードは、水分量を多く含んでいるため、柔らかく食べやすいといった特徴があります。ですからペットの食付きも良く消化も良いため、顎の力の子猫や老犬まで与えることができます。水分を摂りたがらないペットにも向いています。

ドライフード

エサに含まれている水分量が少ない、いわゆるカリカリとしたエサのことです。長期保存に向いていて、常温で保存することができます。カリカリと固く食べごたえのあるエサですから顎の力を鍛えてくれます。水分量が少ないのでバランスを見て上げることが大切です。

大事な家族だからこそ無添加のものを

ドッグフード

あなたのワンちゃんも大切な家族ですよね。もちろん健康で長生きしてほしいと願っているはずです。ワンちゃんが長生きするためには、飼い主の心がけも大切ですよ。1番、健康をサポートすることができるのは、やはり毎日口にするエサですから、健康的なものにシフトチェンジしていきましょう。やはり、犬も大切な家族ですから安全なエサを与えたいものです。無添加でペットの体にやさしいエサを与えるといいですよ。それに犬は雑食に近い肉食動物とも言われていますから、肉が多く含まれているエサだと喜ぶと思います。市販の安いエサは穀物の方が多く含まれていることが多いです。しっかりと成分を確認して安心できるものを選びましょう。

エサを変える時の注意点

よく「無添加のエサに変えてから、ワンちゃんの食いつきが悪くなった」といったことを耳にしますが、エサを切り替える時にきちんと新しいエサに慣らしていく作業をしなければいけません。デリケートなワンちゃんはいつも食べているエサや器が変わるだけでも食べなくなる子もいます。新しいエサに切り替える時は、今までのエサに混ぜてあげるようにしていきましょう。初めは少なく、徐々に割合を増やしていくとスムーズに移行できます。1週間前後を目安に変えていきましょう。

どのエサを与えたらいいかわからない飼い主さんへ

ワンちゃんのエサを無添加のものにしたいとお考えの方で、どのエサが良いかわからない方もいると思います。ここでは、飼い主さんの口コミなどを参考におすすめのエサを紹介したいと思います。それは「カナガンドッグフード」です!カナガンドッグフードはイギリスで作られたドッグフードで、原材料に肉類を多く使っています。犬の体作りに大切な高タンパクですから、ワンちゃんの健康維持にはおすすめのドッグフードです。成分もしっかりと表示されていますし、人間でも食べることのできる安全性の高いものです。ですが、ワンちゃんの体質によっては合わない子もいますので、様子を見ながら与えてみてくださいね。

広告募集中